ブログ記事

> ALL > スイス・オーストリア研修 2015

  • この会社は換気マニアなら一度は訪れてみたいでしょう。

    とてもユニークな発想で革新的なアイディアが魅力です。

    20161121_1

    内容は聞いておりましたが、間もなく出る新商品も工夫が満載でぜひ使ってみたい機械です。

     

    一般的に流通している住宅用の換気システムは大きく分けて二種類。

    給気も排気も機械で行う1種換気。
    熱交換も行うので熱の効率が良いです。

    もう一つは3種換気。機械で排気した分だけ自然に給気します。

     

    僕の換気の考えはとにかく新鮮空気を得ること。
    あたりまえじゃないかと思いますが、+αの部分を強調するあまり
    換気本来の機能をおろそかにしている製品も目にします。

    本体が床下に入ってたり特殊な部品のものは出来るだけパスです。

    部品保持期間が長く、かつ代替え設置が可能であることが重要です。

     

    ヨーロッパでは換気システムにヒートポンプがついていたり給湯器と
    一体型になっていたりと多種多様なシステムがあります。

     

    日本にも3種換気の排熱利用ヒートポンプというものが一部輸入されています。
    先に説明したように3種は室内の暖かい熱を外に捨ててしまうので、
    その熱を熱回収して暖房や給湯熱源にすることができます。

    そこまではまぁ珍しくないです。

     

    ドレクセルのすごいのは1種換気で普通は捨てる排熱までも利用してしまう
    機械なのです。
    そこにCO2制御が加わりさらに無駄のない運転が出来ます。

    そして採用には制限があるのも面白い。パッシブハウス専用の
    機種もあり、そのレベルに達してなければ売ってくれない(笑)

     

    工場も見せてくれましたが、ラインとは別のところでヒートポンプを
    組んでいるマイスターがいました。

    20161122_1

    20161123_1

    20161124_1

    ヒートポンプを手作業で造っている…すごいことです。

    営業の方がこういってました。
    「ロレックスのように、ヨーロッパでは最高級品はハンドメイドである」と。

    すばらしいですね。オーストリアでもハンドメイドとは思えないような木工製品を
    数多くみてきました。精進せねばなりません。

  • 今回もメッセに行ってどんな新商品があるかをチェックです。
    DSC07652

    断熱レンガ

    DSC07655

    木質コージェネ(発電と熱)

    DSC07662

    色々な種類が出てますが、U値をでかでかと記載しないところを見ると性能競争も落ち着いたか。

    DSC07677

    太陽光発電とソーラーコレクター。ハイブリットのものもありました。

     

     

    相変わらずレベルの高い資材から設備から様々ですが、去年とあまり変わらない印象がありました。

    現地の方もそうおっしゃっておりましたね。

    つまり技術的に成熟してきたということの表れですね。
    日本でも同様のスペック製品が買えるようになってきているのも実感します。

     

    「なんでもヨーロッパのモノマネか」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが
    それは違います。

     

    今省エネルギー建築の業界ではドイツ語圏の技術が高いことは疑いようのない事実。
    世界一高い技術を学ぶことは意義があります。

     

    例えばインドで車を造るとします。「内需があるので海外のメーカーの基準は関係ない」
    とはなりませんよね。
    もちろん対象となる国の事情は反映しなければなりません。

    海外で答えが出ている分野ならわざわざリスクを冒して挑戦する必要はありません。

     

    省エネルギーは国と国の戦いではなく地球全体の問題であり、個人の問題でもあります。

    いいとこどり精神は日本人には向いているかと。

     

    そして海外のいい技術も日本で適切にカスタマイズして風土に合わせていくことが
    結果日本のためになると思います。

  • 無事戻って参りました。
    遅れた分取り戻すべく頑張ります。

    ちょこちょこ研修のことを紹介したいと思います。

    201512141

    201412143

    201412142

    201412144

     

    二日目はザンクトガレンという世界遺産の街に宿泊。
    クリスマスムードで若者があふれていました。
    この地域も秋田に負けないくらい寒いです。雪も軽く降ってましたね。

  • ツアーは順調です。

    201511301

    201511302

    201511303
    トゥーン市にあるミネルギーP ECOの事例はとても素晴らしい。

    今までも同じクラスの建物を見てきましたがこの物件は完成度が高いです。

     

    さすが環境系の建築家さん。設備も抜かりなし。
    築5年ほど経っているようですが、クライアントから当時の思いを聞けました。

    熱心な方々でしたね。環境に配慮してベストな選択をしたかったと話しておられました。

     

ALL
1