施工実例

> K-house|施工実例

    • もるくす建築社|施工実例|Photo.01
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.02
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.03
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.04
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.05
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.06
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.07
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.08
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.09
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.10

    外でも内でもない言わば半屋外という第三の空間が市街地では重要になってくると思う。坪庭に代表されるように小さな空間に宇宙を感じるというのは日本人の世界観。眼下に雑木林が広がっていれば別だが、多くの人は都市に暮らし、その中で最大限に安らぎを感じる工夫をしてきた。室内温度が安定してくればまた人は外へ意識を移すことだろう。つまり「外」を取り込むためには「内」の安定が欠かせない。守りを手薄にして攻撃ばかり仕掛けるのは無謀である。断熱技術というのは一見外との断絶と勘違いされやすいが、実は自然環境を取り込むための「準備」と捉えるとわかりやすい。そして外へ出るためには「場」が必要であり、気持ちを誘導してくれるような造りは理想的だと思う。コートハウスという形式はプライバシーを高め、居住の開放感をもたらす。四方ぐるりと下屋をつけた安定感のあるファサードは歩行者に威圧感を与えないよう配慮した。カーポートから続くコート、ポーチの横に添えられた坪庭、玄関に入るとガラス越しにリビングの灯りが見え、浴室や書斎も囲まれたコートへ開く。様々な空間で次の間へのアプローチがあり自然な繋がりのある平面計画になっている。

    • 所在地:

      秋田市

    • 工期期間:

      2015年9月~2016年2月

    • 構造:

      木造2階建

    • 延床面積:

      住宅 161.66㎡(48.91坪)/ カーポート 33.74㎡(10.21坪)

    • 主要仕上:

    • 外部 /

    • 屋根

      ガルバリウム鋼板立平葺t0.35

    • 漆喰塗 / 杉スノコ張

    • 開口部

      木製トリプルガラス

    • 内部 /

    • ナラ無垢フローリング

    • 漆喰塗

    • 天井

      漆喰塗

    • 断熱 /

    • 基礎

      EPSt200 /

    • HGWt225~300 /

    • 屋根

      HGWt360

    • 主要設備 /

    • 暖房

      温水パネルヒーター(熱源空気熱ヒートポンプ)・薪ストーブ /

    • 給湯

      エコキュート /

    • 換気

      第3種換気 /

    • Q値

      1.03W/㎡K /

    • C値

      0.3cm2/㎡

施工実例一覧