施工実例

> 川尻の家|施工実例

    • もるくす建築社|施工実例|Photo.01
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.02
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.03
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.04
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.05
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.06
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.07
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.08
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.09
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.10
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.11

    白い壁は木材に次いでリクエストの多い外壁だと思う。白のモチーフはもちろん漆喰だと思うが、昔から防火の役割を果たしたことから市街地に向いていると勝手に思っている。木と白壁は普遍的な良さがあることは言うまでもない。断熱材が厚いので自然と窓が内側に入り込み蔵のような印象である。窓は視認性・採光・通風・日射取得など様々な要素が絡み合い、密集地では特にプライバシーの配慮が必要である。機能的には防水や気密、耐風圧なども要求されるとても難しいエレメントである。「窓」は昔「間戸」と記したように建物の間口に合わせた固定されていない壁のような存在だったが、今でもその概念は大事だと思う。川尻の家はパティオのような囲まれたテラス部分に6窓を連結させて大開口部を形成。上下階の繋がりもよく、建物の中心であるキッチンに窓を集めた形になっている。逆にリビングは開口部を絞り落ち着いた空間とすることで、朝と夜の生活のメリハリをつけられるようになっている。ねらったわけではないが、キッチンや窓、床材など北海道で製作してもらった。どこかしら北の香りのする住まいになっているかもしれない。

    • 所在地:

      秋田市川尻

    • 工期期間:

      2015年1月~2015年5月

    • 構造:

      木造2階建

    • 延床面積:

      住宅 109.21㎡(33.04坪)/ カーポート 29.54㎡(8.93坪)

    • 主要仕上:

    • 外部 /

    • 屋根

      ガルバリウム鋼板立平葺t0.35

    • シリケート塗料仕上 / 杉板オイル塗装

    • 開口部

      木製窓トリプルガラス

    • 内部 /

    • ナラ無垢フローリング / パイン無垢フローリング

    • 漆喰塗 / テラコート塗 / ポーターズペイント塗

    • 天井

      漆喰塗 / テラコート塗

    • 断熱 /

    • 基礎

      EPSt200 /

    • HGWt315 /

    • 屋根

      HGWt360

    • 主要設備 /

    • 暖房

      薪ストーブ /

    • 給湯

      ガスボイラー /

    • 換気

      第3種換気 /

    • Q値

      0.95W/㎡K /

    • C値

      0.19cm2/㎡

施工実例一覧