施工実例

> 船場の家 R|施工実例

    • もるくす建築社|施工実例|Photo.01
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.02
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.03
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.04
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.05
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.06

    • もるくす建築社|施工実例|Photo.07
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.08
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.09
    • もるくす建築社|施工実例|Photo.10

    「古いものを古いままにしない」という信念の基に設計を進めている。それは例え古くて価値のあるものであっても機能やスペックを現代又は将来に渡って満足して使用できるよう整えなければならないからである。ただし新しいものへの交換だけならリノベーションの必要はない。設備に頼った力任せの改修でもなく、基本的に建物が長持ちするような工事部分から手を付けるべきだと思う。一度スケルトン化した骨組を耐震・断熱補強をして建物全体のベースアップをしている。近い将来外装にも手をかける予定があり、今回はそれらを見据えてインテリア計画と組み合わせながら工事対象を絞ることでコスト調整を図った。壁や天井はクライアント自身がペイントをして仕上げて頂いた。現わしになった下地材もペイントすることで独特の雰囲気を醸し出している。二期工事によってさらに良質な建築になることが楽しみである。

    • 所在地:

      大仙市船場町

    • 工期期間:

      2012年12月~2013年3月

    • 構造:

      木造2階建(工事範囲は1階のみ)

    • 工事対象面積:

      107.41㎡(32.50坪)

    • 主要仕上:

    • 外部 /

    • 開口部

      PVC窓 ペアガラス 木製玄関ドア

    • 内部 /

    • クルミ無垢フロア

    • ポーターズペイント(施主施工)

    • 天井

      構造現し ポーターズペイント(施主施工)

    • 断熱 /

    • 基礎

      EPSt100 /

    • HGWt120 /

    • 主要設備 /

    • 暖房

      ペレットストーブ エアコン(補助) /

    • 給湯

      ガスボイラー /

    • 換気

      第3種換気 /

施工実例一覧