ブログ記事

> ALL > 2019 12月

  • 広面の家

    2019.12.29

    191229

    今年最後のブログは完成報告です。

    ここの建物は庭が完成しないと計画が半分になってしまいますので、撮影は春までお預け(庭が春からなので)

    ただ家具も入り室内はすっかり馴染んでいて一安心。

    僕のプランの中ではかなり動きのある構成だったと思います。

     

    ご理解のある素晴らしいクライアントと丁寧に施工して頂いたタムラアシストさんに感謝ですね。

     

    本年も皆様に大変ご迷惑をおかけしました。

    また来年もどうぞよろしくお願いします。

  • 191220

    ヤドリギをディスプレイされていた楢山の家Rのクライアント。

     

    これクリスマス用に店頭に並ぶみたいですね。クリスマスに飾るのは古代ヨーロッパのケルトの儀式に由来するそうな。

    花言葉は「困難に打ち克つ」「忍耐」などだそうです。ある意味豪雪地帯にはピッタリです。

    しかしいつも綺麗にされているなー。

  • 新富士の家

    2019.12.17

    夏から工事していた新富士の第一建設モデルハウスが完成しました。

    モデルハウスといっても考え方はプロトタイプという位置付けで、

    第一建設さんがこれから展開する方向性のお手伝いをさせて頂いたというプロジェクト。

     

    質実に、無駄なく、きちんと手をかけてもらった建物です。

    3日間のオープンハウスで、結局一度も暖房をつけませんでした。

    オープンハウスなので出入りも頻繁ですが、室内の表面温度が高いので気になりません。

    日射取得が効いています(人体発熱も効いている)

     

    第一建設さんのスタッフさんにも建築の考え方を話させて頂き、設計しっぱなしではなく

    実際に現場で意見を合わせながらポイントをつかんでもらいました。

    これはとても大切なことで、営業の方も監督さんも設計の方もみんなで取り組むことが

    よりよい方向に向かうと思うからです。とても楽しい仕事になりました。

    第一建設さん、間を取り持ってくれたチャネルオリジナルさん、関係者の皆さん本当にありがとうございます。

     

    こうした共同の取り組みは他にも現在進行形でいくつかあります。

    それぞれの気候風土に身を置く機会があるのはとても勉強になります。

    一人で全部やらないで、話し合いながら進めていくプロジェクトは長い目で価値があるように思います。

     

    完成写真は昼になってからですが、さわりだけ。

    1912171

    圧巻!(富士山が)

    1912172

    屋久島地杉の外壁。

    1912173

    水楢のテーブルは第一建設さんのセレクト。
    複雑にしないながらも空間の絞りを意識しています。大きい窓もいい塩梅。

    1912174

    ちゃんとアートも花も置いてもらって素晴らしい。

  • 鳥取で

    2019.12.13

    1912131

     

    1912132

    以前鳥取での仕事の繋がりで。

    移築された素晴らしい古民家を暖める仕事です。いつものスーパー職人さんと。

     

  • 三浦半島で

    2019.12.10

    1912102 1912101

    縁あってこんないいところで仕事になるかもしれません。これ全部大根畑。さすが三浦半島。