ブログ記事

> ALL > 2017 11月

  • 201711304

    今回巻頭特集で堀部安嗣さんとの対談+椿台の家を載せて頂いております。

    堀部さんと並べて頂いて恐縮してしまいますね。

    精進したいと思います。

     

    そろそろどの書店でも並び始めるはずです。

    ご興味のある方ぜひお手に取ってみてください。

     

    御協力頂いたオーナーさん、ありがとうございます。

     

  • 木造ソフトメーカーの測定発表会に参加。前先生が主導になっている会でしたので東大で行われました。

    最寄りの本郷三丁目は大江戸線沿いだったので月島でもんじゃ!ということになる一同。

    201711302

    201711301

    写真は決壊の瞬間。食レポをするつもりはないので詳しくは書きませんが、

    もんじゃは外周つまり壁が大事になります。穴があればツユも熱も抜けますな。

    201711303

    一次会は東大内のレストランで。んで、そのレストランの隣には夜景の見えるバーカウンターのようなスペースが。

    勉強の合間に息抜きするのだろうか。いや、ロマンチック過ぎて勉強どころじゃないだろ。

     

  • JIA環境建築賞

    2017.11.27

    11/25日にJIA環境建築賞の公開審査が行われました。

    201711273

     

    書類の一次審査、現地での二次審査をクリアし今回三次審査でした。

     

    僕等は「佐戸の家」で応募しましたが、なんと!見事最優秀賞を頂くことが出来ました。

    201711271 201711272

    審査委員長の安田先生もおっしゃっていた通り今年は住宅部門がハイレベルだったこともあり

    かなり厳しいと感じていたので尚更うれしい受賞です。

     

    身に余る光栄ですが、これもひとえに今まで支えて頂いたクライアントの皆様や面倒な依頼にも

    真摯に答えてくれた職人さんたち、勝手を聞いてくれたメーカーさんや販売店さん、

    関係者の方々に感謝申し上げたいと思います。

     

    それから忙しい中頑張ってくれたスタッフにも感謝したいですね!

     

     

    授賞式は4月以後のようです。またご報告させて頂きます。

     

  • 築20年のいわゆる高気密高断熱の内装をリノベーション。

    工事は地元の米住建設さんで設計は僕らがやらせて頂きました。

    20171124

    中古住宅でしたが、しっかり断熱気密をやられていて結露もない素晴らしい状態。

    当時の設計、監督をされた方と話が出来ましたが良心的な工事がされたことは間違いありません。

     

    ということで今回は内装を直すだけで済みました。

    これはとてもとても大事なことです。

     

    普通中古住宅なら構造や断熱を直すことが必須ですが、躯体がしっかりしていれば

    本当の意味で不動産価値が上がります。あとで工事に入る人も楽でしょう。

    もし余計な部分を直すことがなければ家具や庭、設備をしっかりと整えることも出来ます。

    そうすれば本当の意味で豊かな住まいになりますね。

     

    お金はかかりますが、最初にしっかりやっておけば後世にいい状態で残して

    いけるということがわかる案件でした。もちろん長持ちという意味でも。

     

     

  • 盛岡さんぽ

    2017.11.21

    201711211 201711212 201711213

    盛岡で打ち合わせがあり時間が空いたので駅前をさんぽ。目当ては光原社。

    パティオの雰囲気がなんとも言えぬよさ。

    発見があります。