ブログ記事

> ALL > 製材所にて

  • 製材所にて

    2016.12.19

     

    南楢岡の家で敷地にあった栗の木を伐採したので製材することに。
    もちろん製材はいつも木材をお願いしている角館の黒澤製材所さんで。

    201612192_1

     

    201612191_1

    黒澤さんからは通常の構造・内装の杉材をはじめ、6mの杉外壁材や特殊加工の造作材など

    通常流通の中では手に入らない材を提供してくれる素晴らしい製材所さんです。

    これが地元企業の最大の魅力ですね。

    レスポンスの速さ、特殊加工、長尺材など価格を超えた価値があります。

    201612193_1

    オートメーション化された製材工場も素晴らしいですが、手作業に近い製材は

    一本一本違う木材を人間が見極めながら製品にします。まさに職人ですね。
    今回のご依頼頂いた製材もとても楽しいものでした。

     

    ちなみにですが、いつも僕らが使用している秋田スギの構造材乾燥には現場廃材の

    バイオマス燃料が使われています。

    その時々で割合は変わりますが最大70%までバイオマス率を上げられるみたいです。

    石油使用料を減らして木材乾燥することには大きな意味があります。素晴らしい取り組みだと思います。
    益々地元材の活用を考えなければいけませんね!