ブログ記事

> ALL > 冬の愉しみ

  • 冬の愉しみ

    2016.07.20

    201607201 201607203

    これから夏本番なのにお寒い画像載せるな!と怒られそうですが、今どんなに暑くてもそのうち冬はやってきます。

     

    朝涼しくて日中暑い。これを日変動といいます。

    そのスパンを1日から1年にすると年変動といいます。冬があるからこそ夏があります。

     

    日本は脊梁山脈があり、そこからもたらされるたくさんの恵みもまた冬の降雪のお陰です。

    諸説ありますが、富士山の湧水は30年前に降った雪がバナ○ウム天然水になっているそうです。

     

    北半球が冬だと南半球は夏。夏に向かうと緑が育ち光合成をして冬には葉が枯れる。

    地球は1年に1回大きな呼吸をしていると表現していたのはアルゴア前副大統領の「不都合な真実」という映画です。

    真夏だからこそ冬に感謝し、また備えをしていくのも日本的で美しい作業ですね。

    201607202

    この写真はガラスを適切に大型化し、天空光を取り込んだ室内。
    雪の白い明るさはどんなに望んでも夏には得られません。

     

    冬を嫌がっている方も多いと思いますが、暮らしは意識の転換で大きく変えることができます。

    技術とはそこに加えられていくから生かされるのだと。

    灼熱の暑い日が続いてますが、汗を拭いつつ夏の太陽に感謝しながら乗り切りたいものです。