ブログ記事

> ALL > 佐戸の家|完成間近

  • この現場は建物を計画すると同時に窓の開発を行いました。
    熱損失が少ないのはもちろん、耐久性も高く、断熱が厚くなる躯体専用の
    ディティールです。

     

    木製窓ですが、枠材は県産材のネズコを使用しています。
    レッドシダーにかなり近い材料ですね。

    地元の材で窓が造れるのはとても嬉しいことです。

    以前にも秋田スギで高断熱窓を製作したことがありました。
    温かみのある優しい風合いが魅力でしたし、スギなので断熱性能も良い。

    材の特性を把握して製品にすることが大事ですね。

     

    今回はチャネルオリジナルさんと長野の山崎屋木工製作所さんと
    一緒に開発ということで進めてきました。
    熱橋ディテールはイーシステムの横山さんにお願いしてなるべく損失の少ない

    フォルムに仕上げました。

    人のつながりはありがたいことです。

     

    ところが、ガラスを特注で頼んでいたため船便で3ヶ月、そしてガラス屋さんで

    特殊な接着が納得する製品クオリティにならず2ヶ月伸びてようやく1月の後半に届きます。

     

    と、言うことで現場全体の工期が延びまして今設備工事の仕上中。
    設備も新しい機器を導入したため悪戦苦闘。

     

    それでもエンジニアの皆さんはイタリア語の説明書を読み(本当は読めてない)
    組み立てていきます。

     

    完成が楽しみですね。

    窓はガラスが到着したらご紹介します。

    20150120

    写真は薪コンロを設置する様子。