ブログ記事

> ALL > 2015 11月

  • 外壁の漆喰が終わりました。

    20151130
    季節的にギリギリでしたので外部は急ピッチで進めました。
    断熱が厚いので輪郭がきっちり出るのも良いですね。

  • 環境セミナー

    2015.11.30

    201511301

     

     

    JIA主催のセミナーです。直接は関係ありませんが、いつもお世話になっている

    秋田県立大の板垣教授もパネラーで参加するようです。木造盛り上がってきてますね。
    ご興味ある方はぜひ。

  • 前にご紹介したコンテストですが…

     

    見事大賞となりました!!!!

    http://builders-ecohouse.jp/

     

    IMG_2063

     

    審査員の先生方全員一致だったようで、会場票も一番多く投票を入れて頂いたようです。

     

    総評の中で伊礼先生の「精神的な建築」というキーワードがありました。

    「開放する北国の家」というテーマで応募して、一番重視したのはテクニックより思いでした。

     

    技術的にはマイナス面もあったとしても、何か訴えかけることができる建築にしたいと思ってましたから
    そこを評価して頂いたことは純粋にうれしいです。

    数値を細かく評価されることは大変だけどその分やりがいもあります。
    先生方からご指導頂いたこともつなげていきたいと思います。

     

    応募させて頂いた「大曲の家」は、日射取得が大きな条件となる中で素直に設計できた住まいでした。

    まずはチャレンジさせて頂いたクライアントに御礼を申し上げたいと思います。
    応募も快く承諾して頂きました(報告に行ったらお花までもらってしまった)


    DSC_4556

    そして今まで支えて頂いた全員のクライアントに感謝を申し上げねばならないと思います。

    日進月歩の建築技術ですが、トライさせて頂くことが出来るのは本当に幸せなことです。

     

    あと何と言っても苦労して造ってくださった職人さん、携わって頂いたメーカーさんや

    販売店さんにも御礼申し上げたいです。

    彼らは最高のチームです。いつもワガママ言ってスミマセン!

     

    最後にわざわざ会場に駆けつけてくれたDotのメンバーにも感謝の意を述べて結びにしたいと思います。

    IMG_2057

    これからも謙虚な気持ちで建築に向き合いたいと思います。
    ありがとうございました。

  • 多賀城の家

    2015.11.13

    宮城県多賀城市。
    300坪を超える広々とした敷地です。
    DSC_2700
    親方気質のクライアントからは未来に向けて地域の繁栄につながるような
    建築を求められました。
    地域のリーダーは個人の住宅とはいえ、そういったことも考えているのですね。

    来客が多いため、まさにおもてなしを重視しつつもハレとケの日を意識して

    普段の生活動線に配慮しています。

     

    エネルギー効率を出来る範囲で最大限に高めて損失が極めて少ない計画です。

    90坪近い面積なのですべてとはいきませんでしたが、電気エネルギーを自活できる

    ような設備も盛り込んでいます。

     

    震災で被害のあった地域ですし、もし長期の停電などあってもある程度の生活の確保、

    そして避難の補助などが行える民間施設としても利用可能です。

     

    もちろんそんなことが起こらないことが一番良いですが、万が一に備えての準備が大切です。

    建築はハードですが、備えはソフトです。

     

    今回は㈱キクチさんの施工によりプロジェクトを進めて参ります。
    打合せの段階から色々と相談して積み上げてきましたのでそういった意味でも楽しみです。

ALL
1