ブログ記事

> ALL > 三浦館

  • 三浦館

    2015.06.01

    先週の話ですが、秋田市金足にある【国指定重要文化財 三浦館】を見学してきました。

    一般開放は年二回しかしないため貴重です。

    201506012_1

     

    現在は三浦館保存会の方々が愛着を持って整備・保存を行っているようです。

    同じ金足地区にある奈良家よりも建造物群が大きいという噂でしたが、門構えから

    保存蔵など含めてかなりのスケールでした。

    201506013_1

     

    201506011_1

    縁側からは眼下に広がる秋田市内と手の行き届いている庭。
    書院造の室、かつては黒川郵便局になっていた大正モダンの部屋まであり随所に

    散りばめられた細工が当時の反映ぶりを伺えます。

    僕は古いものだからと言って価値を見出せるタイプではありませんが、当時の建築様式や

    快適に過ごすための工夫など発見があります。

    201506014_1

    米蔵は梁のようなサイズの木材を並べて壁を造っていました。
    マッシブでしたね。

     

    木材をこのように繋いで壁を構成する工法は最近見直されているようですね。
    これだけ木材が厚いと調湿性能も期待できると思います。

    昔の建物は当たり前だけど貼り合わせの新建材が使われていないのでとても雰囲気が良い。
    やはり木はサイコ―です。