ブログ記事

> ALL > 佐戸の家|木造ラーメン

  • 構造は木造。まぁいつものことですが、木造は他構造より熱を伝え難いにくいので
    省エネルギー住宅に向いていると言えます。

    ただし普通の在来工法の接合部ではRC造や鉄骨造のように剛接合にならないので
    どうしても開口部の設計に制限があります。

     

    一度は「ラーメン?」と思いますが、ドイツ語で「額縁」の意味。
    骨組の接合部を剛接合したものを言います。これにより大開口部が造りやすくなります。

     

    最近では公共建築物の木質化が進んでおりますが、木造ラーメンも現代木造の一役を担うと思います。

    今回は秋田県立大の板垣先生が考案した木ダボ接合による木質ラーメンを一部に採用させて頂きました。

    大工さんが手刻みで接合を造ります。

    201505181_1

    工場で大がかりに生産するのではなく、現場で製作することに意味があります。

    しかも割と簡便に(怒られそう)アナログ製作は作業効率こそ悪いですが、手仕事で行うことは

    職人さんの技術向上と現場作業してもらう喜びがあります。

    201505182_1

    これから製作します。