ブログ記事

> ALL > 長野で窓のシンポジウム

  • 長野に一泊二日で行く予定が、急きょ行きたかったシンポジウムに
    参加することになり弾丸の二泊三日になりバタバタ。
    レスポンスが悪くなっていたかもしれません。この場を借りてごめんなさい。
     nagano2_1
    日本の高性能窓業界は最近活発に動いてますね。
    主にドイツから技術が入り、ようやく世界基準の窓に追いつくようなプロジェクトがあちらこちらで見え始めました。
    テレビCMでよく見る大手メーカーに牛耳られていた窓業界ですが、地域の小規模木工制作会社が日の目を見る時代が
    やってくると思います。
    確かに大メーカーの品質は素晴らしいものがあります。全国のニーズに対応するため穴のない製品になっていますが、
    ひねくれた言い方をすると特徴が薄い。
    窓のような重要なエレメントは地域特性に合わせたパーソナルオーダー製品があっても良いと思います。
     nagano1_1
    ということで、今回のシンポジウムは主に高性能窓のトレンドと性能認証の話が主でした。

     

    ドイツなど住宅先進国に学び、日本独自の気候に対応した住まいが目標ですから窓はとても重要ですね。
    意匠に直接かかわるどころか、パッシブデザインを詰めていくと開口部がファサードの大部分を占めてしまいます。
    改修時にも窓交換のニーズと効果は大きいのでどんどん進めていきたいですね!