ブログ記事

> ALL > 2014 10月

  • 金沢へ

    2014.10.31

    一度は行きたかった石川県金沢市へ。

    21世紀美術館や東茶屋街などベタですがとても楽しめました。
    来年北陸新幹線が開通するということもあり街中は準備で忙しいイメージでしたが、
    観光都市だけあって建築含め整っている印象がありました。
    中でも金沢駅の新しいモニュメントの鼓門はすばらしい。
    フリーフォームで制作された木造建造物です。
    kanazawa_1
    施工は以前大曲で講演して頂いた中島社長の会社、岡山の銘建工業さんです。

    日本のフリーフォームも海外に負けていませんね!

  • 10/2~10/11 新宿パークタワーにて開催されました。
    首都圏の設計事務所・工務店や一般ユーザーと向けの展示会ということでしょうか。
    秋田の木材をもっと使ってもらうためのイベントですね。当社もブースの一角をデザインさせてもらいました。
    moritoki_1
    いい商品が並んでいますが、全体の配置にちょっと物足りなさを感じました。
    新宿パークタワーはリビングデザインセンターOZONEが入っているビルです。
    国内外の一流のインテリアや建築メーカーが集う場所で、当然ユーザーの目も肥えてるはずです。
     いい商品でも伝えるための努力をしなければ理解されない可能性があります。

     

    僕も引き続き県産材PRに力を入れていきたいと思います。
  • ブログアップが中途半端でしたが、無事完成し薪ストーブに火入れを行いました。

    10232_1

    10231_1

    まだ全力で焚く時期ではありませんが、冬が楽しみになりますね。

    詳細はワークスでご紹介します。

  • 長野に一泊二日で行く予定が、急きょ行きたかったシンポジウムに
    参加することになり弾丸の二泊三日になりバタバタ。
    レスポンスが悪くなっていたかもしれません。この場を借りてごめんなさい。
     nagano2_1
    日本の高性能窓業界は最近活発に動いてますね。
    主にドイツから技術が入り、ようやく世界基準の窓に追いつくようなプロジェクトがあちらこちらで見え始めました。
    テレビCMでよく見る大手メーカーに牛耳られていた窓業界ですが、地域の小規模木工制作会社が日の目を見る時代が
    やってくると思います。
    確かに大メーカーの品質は素晴らしいものがあります。全国のニーズに対応するため穴のない製品になっていますが、
    ひねくれた言い方をすると特徴が薄い。
    窓のような重要なエレメントは地域特性に合わせたパーソナルオーダー製品があっても良いと思います。
     nagano1_1
    ということで、今回のシンポジウムは主に高性能窓のトレンドと性能認証の話が主でした。

     

    ドイツなど住宅先進国に学び、日本独自の気候に対応した住まいが目標ですから窓はとても重要ですね。
    意匠に直接かかわるどころか、パッシブデザインを詰めていくと開口部がファサードの大部分を占めてしまいます。
    改修時にも窓交換のニーズと効果は大きいのでどんどん進めていきたいですね!
  • 天気も良く、順調に工事が進んでおります。

    1013

    建てると大きいですね。