ブログ記事

> ALL > 2014 8月

  • いよいよ工事も終盤。壁のしっくいが塗られ、造作キッチンが入り、照明が取り付けられています。

    0826_1

    仕上りを確認するのがこの仕事の楽しみの一つ。完璧というのは不可能かもしれませんが、出来る限りイメージに

    近づくよう図面と現場で摺合せをしています。

    現場では図面に載らないような細かい部分の詰め作業が難しい部分ですが、どうしたら良いディティールになるかを

    皆で考えるのが楽しい(時に苦しい)ところです。完成が楽しみですね。

  • 惜しい…

    2014.08.21

    この前盛岡市内を車で信号待ちをしているときに発見してしまいました。

    molx_1

    「もろくず」川です。一級河川です。

    「もるくす川」と読み間違えてぬか喜びして写真を撮ってしまいました(そんなことで喜ぶなと言われそうですが)

    遠くからみると文字のフォルムが一緒です。

    漢字だと「諸葛川」だそうです。ちゃんちゃん。

  • 完成してから8ヶ月経った山王の家です。

    杉の外壁がグレーになってきました。ようやく黒いガルバリウムと対比していい感じです。

    08121_1

     

  • 台風の最中…

    2014.08.12

    東京で打ち合わせの合間にショールーム巡りです。いつも新幹線なのになぜか今回は飛行機を選んでしまう運の悪さ。

    でも15分遅れぐらいで飛んだから運はいいのかな?

    五反田の東京デザインセンターでは照明器具、乃木坂では水栓やバスタブ、六本木ではバング&オルフセンのTVと

    スピーカーを見てきました。

    写真を紹介します。

    08126_1

    東京デザインセンター

    08122_1

    フォスカリーニの照明

    08123_1

     

    AXISのビルに入っているバング&オルフ船

     

    08124_1

    08125_1

    セラトレーディングのショールーム。以上です。

    実物を見ることで深まる理解がありますね。とても有意義でした。

  • クライアントからご案内を頂きまして、興味があったのでご紹介します。その名も「一杯の味噌汁プロジェクト」。
    詳しくはコチラ⬇︎

    20140806104505810_0001のコピー

     

    ご案内を頂いたクライアントは健康にとてもこだわっている方でした。化学物質を嫌い自然な暮らしを目指しているように

    思います(自然の暮らしの定義はさておき)

    利便性や経済性を優先すると健康的な住まいとの矛盾が少なからず発生します。白黒はっきりさせにくい世の中ですが、

    根拠をもってなるべくグレーな部分をつくらないことも重要だと思います。

     

    それから僕が大切にしているのは昔の物の良さと、現代的な技術や思想の住み分けです。

    伝統的な手法や材料だけでは現代の便利さは教授出来ないだろうし、経済性を優先すると戦後日本の悲劇を繰り返すだけです。

    どちらにも良さはあります。この問題にも根拠のある回答が必要かと思いますね。
    例えば、茅葺屋根の民家は日本の素晴らしい財産です。機能的でフォルムも美しい。採暖を中心としてきた日本には的して

    いたわけですが、じゃあ今それを建てるかと言えば現実的ではない。かといって意匠だけを真似た「古民家風」にも魂はあ

    りませんね。意味のない装飾よりは余計なものを省いてタイムレスな建築を目指したいものです。

     
    だいぶ話がそれましたが、このプロジェクトは味噌汁を紐解いてその組成から効果までを勉強できるようです。

    ご興味あればぜひサイトのぞいて見てください。

    一杯の味噌汁プロジェクト