ブログ記事

> ALL > 2012 5月

  • 外部の断熱施工中です。

    ここらへんが大工さんの施工の技量が問われますね。

    もちろん窓の気密処理もしっかりやっております。

  •  

    お施主様のお父様がおけ職人だったため、残っていた大量の杉板を

    住宅に使用する事となりました。

    建具や枠材など全体のバランスを見ながらの施工ですね。

    クライアントは木の家を熱望しておりました。

    おけ職人のDNAが受け継がれているのかもしれません。

  •  

    秋田スギの小屋組です。

    材はもちろん乾燥材で概ね含水率が11~13%程度です。(自社測定)

    力強い木目が魅力です。

     

  • リビングのタイルが完了。

    オークの床材と黒いタイル。鋭いです。

     

    クライアントはレッドシダーをとても気に入って頂いたので

    内・外に多用しました。

    階段はアッシュ。

  • 玄関引戸の養生がとれました。

    レッドシダーを張った特注品です。