ブログ記事

> ALL > 2012 2月

  • ブログの作成でシステムが動いていなかったため、

    仕上工事がとんでしまいましたが、2月後半に無事完成致しました。

    「白」を基調とした素材で構成しているので、大きな窓とも

    相まってとても明るい室内です。

    一見ライトな印象のパイン材ですが、巾を広めにすることで木の存在感を

    十分に引き出しています。

    近日、施工ギャラリーにアップします。

  • チラリと見える木製窓。

    いつ見てもいい風合いですよね。

    ちなみに外壁へ塗り壁は雪解けを待ってからの施工となります。

  • 木工事もほぼ終わり、仕上工事に入っております。

    今回は室内にオーストリアのしっくいを塗ります。

    透明感のある「白」は木との相性ももちろん良いです。

    何より、メンテナンスがきく材料だということも大きな要因です。

  • 今回浴室はハーフユニットバスを採用し、腰上を造作するというもの。

    ユニットバスとは一味違った魅力があります。

    防水の処理をする大工さんと電気屋さんの様子。

    1mm、2mmのせめぎ合いです。

ALL
1